特定のユーザー権限(あるいはグループ権限)でhypnotoadを実行する

特定のユーザー権限でアプリケーションをhypnotoadを実行するには、設定ファイルのuserを設定します。特定のグループ権限でhypnotoadを実行するには、設定ファイルのgroupを設定します。

{
  user => kimoto,
  group => admin
}

実際には親プロセスは、実行したユーザーの権限で実行されますが、生成される子プロセスが、ユーザー権限で実行されるようになります。実際のアプリケーションの処理は、子プロセスによって実行されるので、安全です。

アプリケーションを管理するときにrootユーザーから、実行したいと思う場合があると思います。そのような場合は設定ファイルで、usergroupを設定すれば、そのユーザー権限で実行することができるので、安全です。


Mojoliciousリファレンスへ

Mojolicious入門のご紹介

Perlテキスト処理と正規表現を学ぶ
講座制作
コンテンツ
Perlテキスト処理のエッセンス